fc2ブログ

対極の作用

カテゴリー「健康とアンチエイジング」第九話    
 自然治癒力や免疫力を高めるなどの情報も、世の中にたくさんあるが、それらは身体を自然体の生活に戻すことで、本来の身体能力を回復させる、という意味においては確かに重要である。
 しかし、生命エネルギーを本来の自然な状態に甦らせるだけでなく、積極的に身体に取り入れ、高めるトレーニング法とは意味が異なってくる。トレーニングとは実質的な効果を目的としたものである。呼吸鍛練法も、身体の呼吸能力を高めることで、丹田を鍛え、生命エネルギーを実質的に向上させるためのトレーニング法なのである。
 やさしい呼吸法の段階から、やがて高度な呼吸法の段階へと進みながら、どなたでも確実に身体の生命エネルギーを高めていくことが出来る呼吸鍛練法である。 
 実際に体験していただくとわかるが、呼吸鍛練法の息の仕方は様々に工夫されている。それは、緊張と緩和、苦と楽、瞬発性と持久性など対極の作用から新しい力を呼び起こす方法となっているのである。そうした呼吸の仕方が脳神経や感覚機能などにも作用することになるのだ。
 というのは、この宇宙では、生命エネルギーは、例えば男性と女性が合一することで新しい生命が誕生するように、対極同士のものから生じ、働くようになっているからである。二元性という、対極作用による鍛練法を実習することで、生命エネルギーが身体に蓄えられ、脳や神経、身体の全細胞が活性化し、体の隅々に生命エネルギーが充実して流れるようになるというわけである。---第十話に続く