fc2ブログ
気の養生

内蔵のマッサージ

 
 呼吸鍛練や気の養生、ヨガなど、生命エネルギーを高める東洋的な身体技法の修練者には、食欲の増進や消化機能の向上を実感する人が多いです。これは身体技法にある、腹式呼吸や完全呼吸などの実習により、横隔膜やその他の呼吸筋を動かすことで、胸部、腹部内側の内蔵に効果的な刺激をもたらすからです。​

 また、横隔膜の周辺には自立神経が密集するため、深い呼吸が横隔膜をダイナミックに動かすことになり、自律神経がよく刺激され、交感神経と副交感神経のアンバランスが改善されます。

 1950年代に東京大学医学部で、呼吸法を8年も研究されたといわれる医学博士の村木弘昌先生は、呼吸法による腹腔内部への圧力変化が、内蔵のマッサージとなることで、腹部の温度が上がり、血液循環や胃腸の蠕動が促進され、唾液や胃液などの分泌量も増えると、著書で述べておられます。

 呼吸鍛練法による、このような内臓のマッサージと、生命エネルギーの鍛練を日々継続していくことで、病弱な人でも徐々に体質は変化し、身体は食欲、食事量も増し、顔色には潤いが蘇るでしょう。体重も増え、精神の充実とともに、体力も強化されていくのです。​

𝕭𝖗𝖊𝖆𝖙𝖍 𝕯𝖔𝖏𝖔