fc2ブログ

気の養生と精神保健

 人生には様々な苦労がつきものである。日本のような先進国では、社会のしくみや人間関係が複雑であり、人々の精神はストレスが増大し、不自然なエネルギー状態となり葛藤している。社会的ストレスによって、私たちは自然な感性を抑圧しているのだ。このようなストレスが様々な病気を作ってしまう原因にもなる。
 そこで、身体生命気を向上させることが大切となってくる。生命気を養生することは、交感神経と副交感神経の協調能力を強め、体の健康と共に、心の健康にも優れた効果をもたらすからだ。  
 一般的に、呼吸法などの訓練者は、ふだんの呼吸数が少なくなる傾向がある。これは、心肺機能が高まり、呼吸が深くなる一方、酸素の消費量は減少し、エネルギー量の蓄積が増すことで、心の安定も得られるのである。日常生活において、ふだんの脳波もβ波よりもα波が多くみられるようになってくる。  
 高められた身体生命気が、肉体以外の微細身、精神の領域へも充実して流れ、ストレスによって麻痺していた心も浄化され、創造的な精神が優位となっていくのである。