fc2ブログ

7.丹田循環法

  
7.丹田循環法   

  この方法は、自律神経機能を整える呼吸法である。高血圧の改善などに効果があるとして中国気功法でも紹介されている。また、肉体、微細身の生命気がよく循環し、充実する。

 やり方--- 静かに座り、鼻からゆったりと宇宙生命気を下丹田に入れていく。おなかが膨らんでいっぱいになったら、口から長くゆっくりと息を吐こう。このとき、吐く息が、足の裏からゆっくり吐き出されていくようにイメージする。浄化の呼吸を済ませてあれば、悪気を追い出すイメージは特に不要である。神気がひたすら一杯に丹田、胸にいっぱい入り、足の裏から出て行くという循環呼吸である。10分以上続けると練功の効果がある。また、長くこの呼吸法を続ける場合は、息の出入りを段々と小さくしても良い。丹田に神気が入り、ハラが膨らみ、そして、足の裏から気息が出て行くとイメージしよう。    

◆健康目的---自立神経機能の改善、内臓機能、血圧の調整、体内の生命気を整える、高血圧の改善、精神の沈静化、瞑想。