酸素、二酸化炭素、一酸化窒素

  • 2018.03.29 Thursday
  • 01:53

 炭酸療法は、糖尿病、創傷、骨折、リウマチなど、様々に治癒の効果があるといいます。髪や頭皮の美容、スキンケアにも良いので、リラクゼーションサロンや、美容院のメニューにも、炭酸スパがありますね。二酸化炭素が体内に浸透すると、身体は酸素不足であると勘違いし、酸素を勢いよく呼び込もうとして、細胞が著しく活性するというものです。

 古代の養生家は、科学的な知識がなくても、この原理を知っていたのです。例えば、プラーナヤーマ、胎息などの呼吸法は、息を止めて、体内の二酸化炭素を増やし、これが、大量の酸素を呼び込む結果となり、細胞の新陳代謝を活性化させ、健康と老化防止の効果を発揮します。

 息は、極限まで我慢して止め続けるだけでは、効果はなく、むしろ、健康を害することになります。健康的な息止め法とは、個々人の体に適合する秒数や、呼吸サイクルの設定が大切です。上手に、様々な息の仕方がアレンジされた呼吸法が、身体を健康にするのです。優れた呼吸法では、便秘がちな人でも、実習中に腸が活性し、トイレにかけ込むこともよくあります。

 副鼻腔で、一酸化窒素が生産されることが解っているようです。一酸化窒素は、血管拡張などの作用があるとのこと。ヨガにもある、特殊な鼻呼吸では、一酸化窒素を体内に取り込むことで、血流の改善を促すのではないかということが、解明されつつあります。先人の知恵は素晴しいですね。

ブレスドージョーの生命気練功

  • 2018.04.01 Sunday
  • 21:33

 ブレスドージョーの生命気練功は、独特な自己鍛錬方法です。それはインド、中国、朝鮮半島、日本など、様々な東洋的思想や技法、療法のエッセンスに通じる生命気の養生法であり、同時に、西洋的なダイエット、フィットネスが結合した、21世紀の健康法です。究極には、身体生命エネルギーの向上と共に、意識を開き、宇宙と一体となるための道です。

 入静状態から呼吸法により、宇宙から降り注ぐ生命エネルギーを意識的に呼び込むと同時に、丹田からの、地、水、火、風、空という、肉体とすべての微細身に疎通する、身体生命気をも鍛錬することで、自然治癒力や人体の潜在力を発動させ、また、運動と栄養の修養も重んじながら、体の健康、心の健康、意識の健康を享受するものです。
 生命エネルギーの流れは、まず、至高なる大宇宙の根源が存在し、その根源から宇宙レベルの意識、宇宙生命エネルギーが生じることで、すべての宇宙次元が創造されます。人間の魂も、大宇宙の源から分かたれたものであり、生命エネルギーを授かっています。魂からは丹田が生じ、空=意識、風=想念、火=精神、水=感覚・感情、地=肉体の、5つの身体には、丹田からの生命気が分配されており、それにより、私たち人間は地上で生を営むことができるのです。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM