呼吸法システム

  • 2018.02.16 Friday
  • 20:19
 呼吸法といえば、仏教の調息や、いわゆる丹田呼吸法もそうですが、腹式呼吸を基本とし、ゆっくりと吐くことを重視する方法が有名です。しかし、古来、呼吸法における息の仕方は様々です。ヨガや道家の呼吸法では、息を長く止めることを要求します。
 ブレスドージョーの呼吸法システムも、単純に深呼吸が大事というわけではありません。様々な息の仕方が組み込まれ、吐く息も、吸う息も、止める息も、振動させるような息も、その他の息の仕方もすべて意味があり、重要となります。
 ゆっくりと吐く息の反対に、生体気を高めるために、とてもゆっくりと吸い上げる息法もあります。その他、様々な息法の組み合わせと、人それぞれに合致する呼吸法サイクルのアレンジの工夫が、健康開花のための重要な秘訣となるのです。
 例えば、ある呼吸法中の、とてもゆっくりと吸い上げる息法では脳波が瞬時にθ波となります。このような時に、身体内の宇宙生命気が高まり、不調の部分に思念で気を導き癒すことなども可能となって来ます。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM