自分自身にくつろぐ

  • 2018.08.29 Wednesday
  • 21:40
カテゴリー「宇宙と生命エネルギー」第十九話
   
 生命気鍛練の呼吸法により、第4の身体、メンタル体の生命エネルギーが高まっていくと、肉体の健康と、精神の浄化や瞑想性も深まり、自己のハートが宇宙の愛と繋がるようになるのです。他人や自己以外のフィールドに依存して自身を満たそうとしたり、他人の人生の創造性や自由を互いに奪い合ったりするなどの必要はなく、本来の自分らしさが根底に築かれて充実します。
 人は他者と比べて、自分を惨めに思う必要もなく、ただ自分自身であることを尊重すれば良いのです。そうした勇気が芽生えてくると、同時にそこに安らぎを感じられるようになり、人に認められようと苦しむこともなく、独自の道を堂々と歩むことができるようになるのです。何者とも戦う必要もなく、本当の意味で自分自身にくつろぐことでの幸せを感じられるようになるでしょう。そして、自分だけでなく、多くの人々のハートにも、勇気と自立のためのエネルギーを触発できる存在となることもできるでしょう。
 また、メンタル体は本来、直感力や創造性などの能力を発揮しますので、生命エネルギーが増大していくことで、人は、芸術家のように豊かな感性から、末永く楽しい人生を創造的に過ごしていくことが可能となるのです。
 この身体の活性と目覚めは、肉体と精神を一致させて、さらに、人が高度に霊的に進化したことの証が示されることになります。それは、次の第5の身体、スピリチュアル体の目覚めがもたらす、仏教でいわれる、私たち人間が本来持つ、仏性からの恩恵なのです。---第二十話につづく
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM