メンタル体の生命エネルギー

  • 2018.08.20 Monday
  • 22:02
カテゴリー「宇宙と生命エネルギー」第十五話
   
 生命気練功法であるロータスダイナミック技法とは、身体が宇宙から取り入れる生命エネルギーを増大させることで、肉体の全細胞を活性し、健康や老化防止の効果をもたらす呼吸法です。さらに、精神の浄化と共に瞑想性が深まり、やがて宇宙と生命の在り様を体得し、その自覚に至るための道でもあります。
 第4の身体、メンタル体の生命エネルギーが充実することで、宇宙、あるいは大いなる存在という人智を超えたところから、多大なる恩恵を受け取ることができるようになって来るのです。メンタル体は、自立や独自性の身体です。豊かな創造性や閃き、創意や誠意、熱意といった真心のフィールドです。真心というのは、あらゆる人種や宗教、思想、国々の違いなど、人々の考え方を超越した、人類が共通に持つ純粋な美しいハートのことです。このハートは私たち自身の独自性、真に自分自身であることを妨げることなく、他者を理解し、愛することのできる資質を持ちます。
 ハートを開くという表現がありますが、それは笑顔を見せることや、善いことをするなど、単に人に優しいということではなく、これまでのお話で触れた、3つの身体の生命エネルギーの充実が関係して来ます。まずは、第1の身体である肉体に流れる気を充実させることはもちろんですが、第2の身体のエーテル体においては、感覚の歪みが解消され、感情が抑圧されていることなく、また、第3の身体のアストラル体では、私たちが持つ固有の観念や条件付けなど、正しい、間違っているというものの考え方を越えて、物事をあるがままに受け入れ、理解することを通してハートが真に自立し、開いていくことができるのです。---第十六話につづく
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM