生命エネルギーが疎通する

  • 2018.02.11 Sunday
  • 22:14

 身体は呼吸をしながら、気やプラーナを取り入れているといわれます。これは空気中の生命エネルギーを、鼻や口から吸い込んでいるというよりも、呼吸そのものが宇宙生命エネルギーによって行われていることから、身体内の生命気もそれに伴って創出されていると解釈できるものです。

 ふだんの自然呼吸で生命気が生み出されるシステムは、意識的に呼吸法というものを行うことで尚一層、活性化されて、身体に高度な生命気を生み出すことが可能です。また、生命気は肉体の他、感覚、精神、意識の領域に分配されて行きます。こうした生命エネルギーの心と身体の疎通には、丹田がとても重要な役割を担っています。

 日本では古来、ハラの文化としても、丹田がすべての身体のエネルギーと関係しています。瞑想、芸術、武道、精神鍛錬、健康などすべての道の探求において、呼吸と共に丹田が重んじられることからもそれは明らかです。 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM