霊の次元

  • 2018.07.21 Saturday
  • 00:25
カテゴリー「宇宙と生命エネルギー」第九話
      
  アストラル体のお話の前に、霊について触れておきます。ここでは、生命気鍛練の呼吸法や瞑想を実践する上でのガイドラインとして、肉体を基本としながら、全部で7つの身体のお話を進めています。しかし、霊には、微細な波動の違いにより、よりたくさんの種類があるのです。ただし基本的には、地球上の多くの霊は、人体でいうエーテル体、アストラル体、メンタル体の次元領域にまたがって存在し、構成される霊的粒子の違いから、様々な種類に変化しているものと考えられます。
 前回のお話で、エーテル体の生命エネルギーが弱まると、低級霊や動物霊などに憑依されることがあると述べました。つまり霊障のことですが、動物霊や未浄化霊などが生きている人間の微細身の次元に侵入し、様々な悪影響を及ぼすのです。
 憑依現象は、霊が悪さをするというよりも、裏を返せばそれは、人体の生命エネルギーが低下し、自発性や創造性の不足する意志力の弱い状態となっていることから、自ら未浄化霊を引き寄せてしまうという共依存的な現象でもあります。また、それとは違い、とても霊能力の高い、優れた霊媒体質を持つ方は、一般の人々よりも、救いを求める未浄化霊に頼られやすい傾向があります。このため、優れた霊能者であるほど、普段の浄化修行が厳しいものとなっています。
 邪霊、邪気が身体にまとわりつくと、感覚機能、注意力、判断力も劣え、病気や怪我、事故のもとになる危険性が生じます。また、特に強力に悪鬼化した霊に憑依されると、突然に命を奪われてしまうことさえあります。
 これを防ぐには、日頃から丹田を鍛えて気力を充実し、生命エネルギーを増大することが重要となります。生命エネルギーを積極的に高めることで、憑依現象とは逆に、高級スピリットが味方に付くことや、さらに、上位の身体にも生命エネルギーが充実すると、神霊のような、偉大なる宇宙的存在が守護として降臨することも可能となります。---第十話に続く
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM