大宇宙の根源とは

  • 2018.07.01 Sunday
  • 13:54

カテゴリー「宇宙と生命エネルギー」改訂版 第一話

 

 生命エネルギーを積極的に高めることが大切であることを「健康とアンチエイジング」のカテゴリーで述べました。新連載の「宇宙と生命エネルギー」では、生命エネルギーが私たちの身体にどのように取り込まれるのか、そのしくみを探求しましょう。ここでのお話は古来の思想を基本としながら、これまで私が自分の身体を通dじて探求、経験してきたことをもとに、瞑想修行によって得られた洞察的な見解としてまとめたものです。

 まず最初に宇宙の始まりからです。宇宙を創造した根源の存在については、古来、様々な呼び方があります。例えば、ネイティブ・アメリカンは、宇宙原初の偉大なる存在をグレートミステリーとして讃えています。古代インドでは宇宙の創造者をブラフマンと称しています。中国思想では万物の根源を無極とし、無極より太極が生じ、陰陽二元となり万物が創造されると説かれています。

 

 「太極は無極にして生じ、陰陽の母なり」

  "動かないのを無極とし、すでに動くを太極とする。無極から太極を生じ、

             太極は陰と陽に分かれる。陰陽の働きによって万物が変化する。 '

       ---佐藤金兵衛氏編纂の『太極拳経』から引用

 

 ブレスドージョーの呼吸哲学では大宇宙の根源をグレートスピリットとすることにします。グレートスピリットとは、宇宙が誕生する以前の状態のことです。姿や形はなく、始まりも終わりもなく、大いなる愛と至高なる意識の永遠なる大生命の存在です 。宇宙生命エネルギーとは大いなる大生命であるグレートスピリットがもたらす、万物創造のための根本エネルギーのことです。

 グレートスピリットを宇宙根源の大生命とし、私たち人間はそれぞれパーソナルスピリットを持ちます。パーソナルスピリットとは個々の魂のことです。

 古代インド哲学には、「梵我一如」の思想があります。私たちの魂は、グレートスピリットから分かたれて生命エネルギーを享受する存在であり、数々の輪廻転生における生命活動を終えて、やがては源のグレートスピリットと合一の存在として回帰していくわけです。---第二話に続く

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Breath Dojo HP

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM