一般技法との違い

  • 2018.05.15 Tuesday
  • 22:03

カテゴリー「健康とアンチエイジング」第六話

 

 一般的な呼吸法とロータスダイナミック技法の違いを述べてみます。まず、日常の私たちの呼吸はとても小さなものです。普段の生活で私たちは、肺活量の数分の一程度しか使わない呼吸状態がほとんどであり、目まぐるしく移り変わる世の中で、心にストレスを抱えながら、あたかも肩でするかのように、肺の上部のみを使う最小の呼吸は、多くの人々の不健康な呼吸の特徴です。
 このため、世間でも呼吸法が健康のために良いものといわれるようになりました。一般的な呼吸法としては、腹式呼吸や丹田呼吸法などがあります。それらの方法は、新鮮な酸素を摂取し、ガス交換を活発に行うことで血液循環を改善し、身体細胞に新鮮な酸素と血液を送り込むことができるため、病気の予防や改善にも繋がるといわれています。その他、ストレスの解消の効果もあるでしょう。深い呼吸は自律神経を整える働きがあり、心身のリラックス効果が得られるからです。

 ブレスドージョーのロータスダイナミック技法は、世の中の数ある呼吸法の中でも、肺活量、肺活力をふんだんに使いながら、様々な息の仕方を繰り返して行う、独特な呼吸鍛練法となっています。それは単純な深呼吸としてではなく、ダイナミックでパワフルな深呼吸のサイクルであったり、身体の生命気が高まるように工夫された、様々な特殊な息の仕方も組み込まれています。こうした生命気を高める呼吸をすることにより、ガス交換能力などの肺のすべての能力が高まり、血液循環が著しく改善され、内臓の働きも充実し、人体における消化、代謝、解毒などの大切な機能が向上することで、多くの健康効果が得られるのです。

 それは美容面にも当然に効果的です。また、肺の周りの様々な呼吸筋群が鍛えられることから、日常生活において疲れにくくなるなど、持久力が向上します。何よりも呼吸法を終えた後の爽快感は、他の呼吸法の比ではありません。ストレスで悩む方も、気力や精神力の充実を実感されるでしょう。---第七話に続く

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM