呼吸鍛錬法と健康

  • 2018.01.01 Monday
  • 21:49

 呼吸鍛錬とは、身体のよどんだ気を解放し、力強い生命気をしっかりと根付かせるという目的を持つものです。呼吸法は通常、空腹時に実習します。まずリラックスして、意識を無念無想の状態におくことが必要です。心身の緊張をほぐし、静かな息の出入りを心の眼で見守れるようになれば、いよいよ、生命気を養う実習の開始です。

 近年、腹式呼吸などの易しい方法にも様々な健康効果があるとして、医学者にも認められています。心肺機能はもとより、胃腸の働きも向上し、食欲が増進します。他の内蔵の活性も促され、消化、代謝、解毒など人体の大切な機能が向上します。生命気を高め、身体の気の通りが良くなり、病気や有害なものに対する免疫力や抵抗力が高まるのです。また、身体のエネルギー蓄積量も増大し、潜在的な能力の発揮にも役立ちます。
 呼吸法を実習することは、心肺機能の向上など、運動的な効果を得ることはもちろん、身体の生命気を養うことでもあり、日々、呼吸法によって健康な気を練功していることなのです。呼吸法を毎日の習慣にすれば、病気の予防改善やアンチエイジングに期待ができ、高齢になっても、認知症や寝たきりにならず、健康寿命を維持することが可能でしょう。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM