普段の生活で注意したいこと

  • 2018.05.07 Monday
  • 00:49

カテゴリー「健康とアンチエイジング」第一話

 

 健康や老化防止のために、幾分ありふれた内容ですが、一般的に大切だといわれる物事を挙げてみます。日頃から私たちは、どのようなことを心がけたら良いでしょうか。

 

  睡眠を適切に取る。

  食生活に気をつけて、体に良くない物を避ける。
  適度な運動や体のケアの習慣がある。
  仕事や勉強においては疲れ過ぎないようにする。
  人間関係ではストレスをためない。
  大自然に親しみ新鮮な空気を取り入れる。
  心を豊かに趣味や創造性を大切にする。
        ***
 基本的に大切なことを7つ挙げました。この中で、睡眠時間を適切に取ることや、食生活や運動不足に気をつけることは、健康のためには当然のことであると思います。その他の項目では、心と体の不一致をなくし、心身の自然な要求を重んじた生活を心がける、ということが挙げられています。多忙な社会生活の中で、普段私たちは心と体の要求がずれてしまう傾向があるので、これらは大切な視点となるでしょう。
 心と体の要求がずれてしまう生活とは、学校でも、職場でも、あるいは家庭においても、誰もが経験している事で、次のような状態をいいます。眠りたいけど眠れない、遊びたいけど遊ぶわけにはいかない、休みたいけど休めない、身体に悪いと知っていても、ヘビースモーカーや大酒がやめられない、泣きたいほど辛いけど泣くわけにはいかない、本当は怒っているけど微笑でやり過ごす等、ストレスを抱え我慢することで、心身の自然な要求を無視してしまうことです。このような心身のアンバランスにより、心の病や身体の不調、病気が生じ、老化も早まってしまうことは真実なのです。
 これらの7つの項目は、健康やアンチエイジングのために基本的に大事であり、生活習慣病やガン等の様々な病気の予防のためにも、日常生活において、実践できているかどうかをチェックしたいものです。
 さて、ありきたりのお話はこの辺りでやめましょう。次回は少し違った視点から、健康やアンチエイジングにとって大切なことは何かということを、呼吸鍛練法のご紹介を兼ねてお話してみたいと思います。ブログのカテゴリーは、「健康とアンチエイジング」にて連載致します。---第二話に続く

命、人それぞれの違い

  • 2018.05.08 Tuesday
  • 00:55

カテゴリー「健康とアンチエイジング」の第二話。

  

 実は、身体の健康、老化防止のためにはもっと根本的に大切な事があると私は考えています。世の中には不思議な事がたくさんあります。人の命や健康について考えてみれば、生まれつき身体が丈夫で、一生、大きな病気を患うことなく楽しく暮らす人もいれば、生まれつき身体の不自由な方もおられ、子供時代やとても若い年齢で、突然に不治の病にかかり亡くなってしまう方もいます。健康状態の良好である人が、ある日突然、難病を患ったり、タバコを吸ったことのない人が肺がんを患い、体力の大変優れたスポーツ選手が急に大病で倒れたりする一方、不思議なことに、酒やタバコを毎日楽しみながらも、100才以上でも元気に生きている人がいます。

 私は、こうした個別の人々の身体の健康や、命のありかたについて、子供の頃からとても不思議に思っていました。人はこの世に生まれて皆、原則的には平等に命を与えられていながら、なぜこれほどまでに様々に違うのだろうという疑問を持ったのです。そして二十代になった頃、インドや東アジア、日本などの東洋の身体技法や瞑想法に傾倒し始めて、それらを長年に渡り、深く研究することになりました。
 ところで、今お話している人それぞれの違いを、それは遺伝によるものであり、遺伝子というものが身体上のことだけでなく、その人の人生上での出来事、運命までを支配しているのだという説があります。しかし、確かに遺伝は身体にとって基盤となることであっても、それは他の様々な要因のうちのひとつに過ぎないのです。私は、人それぞれの健康や命のあり方について、理論的な説明を求めていたのではなく、私の目的は、命というものがそもそも何であるかを、自分自身の体験として理解すること、そして人が生まれて死ぬまでの間、確実に健康と心の平安が得られるような手法を発見することでした。

 そして、様々な東洋のメソッドの中でも、特に私が興味を持ったのは、呼吸と心の関係、そして呼吸と身体の関係でした。書物の一般的な知識だけでは飽きたらず、自分の身体を通して様々な呼吸の仕方を工夫しながら実験を重ねて来ました。その結果、私なりに解って来たことは、この宇宙には物質を超えた、生命エネルギーという、命の根本的な要素が存在するということだったのです。---第三話に続きます。

様々な要因

  • 2018.05.09 Wednesday
  • 00:19

 カテゴリー「健康とアンチエイジング」第三話

 

 人間の身体は、生まれながらの体質や能力にそれぞれの違いがあり、人生上で起こる出来事も人によって当然まちまちです。それらの要因としては、先祖からの肉体的、心理的な遺伝、また、生まれ育った環境や生活する土地環境、そして、仏教で輪廻転生が説かれるように、過去生から引き継ぐ影響があります。過去生については、たくさんの過去の生涯の中から、特にカルマの清算が必要なメインとなるものが今生の課題となって引き継がれて来ます。

 また、今世の人生経験で信じ始める思い込みや、普段の生活習慣、癖や好みの傾向なども、大きく私たちの健康と、人生上の出来事にも影響を及ぼしています。 
 その他に、外界からの気や霊的なバイブレーションなどの不可視のエネルギーも、私たちの身体状況や、人生で経験する物事に影響することがあるのです。

 このように、実にたくさんの要因が、私たちの身体の健康や精神状態にも作用し、さらに、人生上で起こる出来事にも関係して来るわけですが、特に私たちの心の持ち方というものも、身体の健康や人生全般に大きく影響を及ぼすことは真実でしょう。なぜなら人間の心というものは、自然との調和から離れて、独自の目的を持つ傾向が多いことや、自然との調和を失った状態から悩み苦しむことが多いからです。  
 肉体は常に宇宙や自然と調和しようとしているのに対して、心だけが過剰な目的志向になることで、やがて心と体が完全に分離してしまうのです。その結果、病気や災難といったものまでを呼び寄せてしまう可能性は充分にあり得ることです。---第四話に続く。

 

生命エネルギーを取り入れる

  • 2018.05.11 Friday
  • 00:35

カテゴリー「健康とアンチエイジング」第四話

 

 さて、確かに私たちの身体は、原則的には前回お話したような、様々な要因の影響を受けて生きて行かなければなりません。しかし、私たちは、ただ影響に流されるままでなく、意識や創造性という宇宙からの恩恵をシフトさせて、積極的に人生の営み方に工夫をすることで、健康とアンチエイジングを初め、計り知れないほどに人生改革の可能性が見えて来ます。

 では、自己の運命や、宿命さえも可能な限り変化させていくには、どうすれば良いのでしょうか。それは、宇宙や大自然から、命の根本的な要素である生命エネルギーを、積極的に身体にたくさん取り込むトレーニングをすることなのです。それは、古来、身体の重要な部位とされる、生命エネルギーの基地局である丹田を鍛え、生命エネルギーをたくさん取り入れ、身体の生命気を高めて充実していくことなのです。

 生命エネルギーを高めることによって、身体はより健康となり、精神の浄化も促進され、直感や洞察力が冴えて来ます。さらに、生命エネルギーが充実することで、宇宙や大自然からの偉大なる恩恵を受け取りやすくなり、人生がますます豊かになって来ます。

 幸い今日では、生命エネルギーを養う方法としては、世界に古くから伝わるたくさんの素晴らしい健康法があり、私たちは日常生活の中でそれらを、ちょっとした趣味やスポーツのように手軽に楽しむことが出来ます。インドのヨガ、アーユルヴェーダ、中国の気功法や太極拳、日本では禅や武道等、様々な技法があります。---第五話につづく

ロータスダイナミック技法

  • 2018.05.12 Saturday
  • 21:25
カテゴリー「健康とアンチエイジング」第五話
 そのように、古くから伝わる様々な身体技法や瞑想法などは、本来は、単なる生活の中での趣味という枠を超えたものであり、必ずしも、興味を持った人々が容易に学び楽しめるものではなく、ごく限られた人たちが心身と宇宙との合一に至るための、尊く厳しい修行の道でした。しかし、今日では、ありがたいことに、私たちは、古来の尊い修行や探求道に、気軽な健康法として取り組むことができる上、その気になれば、本質的に奥深い学びや体験を求めることも可能な時代に生きています。
 そして私は、世の中の様々な健康法の中でも、古来の知恵を充分に研究して組み込み、現代に新しく生まれた、ブレスドージョーの呼吸鍛練法である、ロータスダイナミック技法をお勧めしたいと思います。この呼吸法は丹田を鍛えて、宇宙や大自然からの生命エネルギーを高度に取り入れることができ、身体の全細胞を活性させるための最も強力なメソッドとなるでしょう。
 宇宙と生命エネルギーについては他のカテゴリー連載で詳しく触れますが、この呼吸法は体調の不良を改善し、ガンや生活習慣病など様々な病気を予防し、打ち勝つ可能性もある、健康増進とアンチエイジングの鍛練法です。理屈やイメージではない、年齢を積み重ねても、いつまでも若さや美しさを維持することのできる、根本からの健康とアンチエイジングのためとなるでしょう。
 また、この呼吸鍛練法により、豊かな生命エネルギーを育み、身体気が高まると、人生でマイナスとなる様々な外的な影響も退けて、創造性に富んだ生活を楽しむことも可能となって来るのです。
 宇宙から生命エネルギーを積極的に身体に取り入れることで、心の状態も自然にストレスから離れて、宇宙の愛へと向けられるようになって来ます。身体と精神の不一致がなくなることで、健康とアンチエイジングの他、心の持ち方も豊かになり、慈しみ、愛、創造性が芽生えて来ます。精神の変容が起こり、霊性の目覚めの可能性が深まっていくのです。---第六話に続く

一般技法との違い

  • 2018.05.15 Tuesday
  • 22:03

カテゴリー「健康とアンチエイジング」第六話

 

 一般的な呼吸法とロータスダイナミック技法の違いを述べてみます。まず、日常の私たちの呼吸はとても小さなものです。普段の生活で私たちは、肺活量の数分の一程度しか使わない呼吸状態がほとんどであり、目まぐるしく移り変わる世の中で、心にストレスを抱えながら、あたかも肩でするかのように、肺の上部のみを使う最小の呼吸は、多くの人々の不健康な呼吸の特徴です。
 このため、世間でも呼吸法が健康のために良いものといわれるようになりました。一般的な呼吸法としては、腹式呼吸や丹田呼吸法などがあります。それらの方法は、新鮮な酸素を摂取し、ガス交換を活発に行うことで血液循環を改善し、身体細胞に新鮮な酸素と血液を送り込むことができるため、病気の予防や改善にも繋がるといわれています。その他、ストレスの解消の効果もあるでしょう。深い呼吸は自律神経を整える働きがあり、心身のリラックス効果が得られるからです。

 ブレスドージョーのロータスダイナミック技法は、世の中の数ある呼吸法の中でも、肺活量、肺活力をふんだんに使いながら、様々な息の仕方を繰り返して行う、独特な呼吸鍛練法となっています。それは単純な深呼吸としてではなく、ダイナミックでパワフルな深呼吸のサイクルであったり、身体の生命気が高まるように工夫された、様々な特殊な息の仕方も組み込まれています。こうした生命気を高める呼吸をすることにより、ガス交換能力などの肺のすべての能力が高まり、血液循環が著しく改善され、内臓の働きも充実し、人体における消化、代謝、解毒などの大切な機能が向上することで、多くの健康効果が得られるのです。

 それは美容面にも当然に効果的です。また、肺の周りの様々な呼吸筋群が鍛えられることから、日常生活において疲れにくくなるなど、持久力が向上します。何よりも呼吸法を終えた後の爽快感は、他の呼吸法の比ではありません。ストレスで悩む方も、気力や精神力の充実を実感されるでしょう。---第七話に続く

源からの健康と美

  • 2018.05.16 Wednesday
  • 21:56
ブログカテゴリー「健康とアンチエイジング」第七話
 
 さらに深い視点からは、ロータスダイナミック技法は、宇宙から取り入れる生命エネルギーの基地局である、丹田を鍛える手法となっていることです。丹田を鍛えるということは、身体の細胞そのものを生かす根本のエネルギーが増大していくことなのです。ロータスダイナミック技法は、基本には二種類の呼吸法があります。まず、生命エネルギーを高度に身体に取り込むためのダイナミック法と、そして、高められた生命エネルギーをいかに身体に末長く保持するか、という研究から考案された、細胞の耐久力や持久力を向上させるリバランス法です。
 例えば、運動においては、瞬間的に大きな力を出す能力を瞬発力といい、それほど大きな力を使わずとも、長い時間疲労せずに運動が続けられる能力を持久力といいます。身体の生命エネルギーも同じように、日々、呼吸鍛練法で生命エネルギーを増大し、高めていくことがまずは重要となります。そして次に、高められた生命エネルギーを、いかに長い年月に渡り、身体細胞にバランス良く配分し、保持していくかということが大事です。そのように、生命エネルギーにおいても、パワーアップすることと、持久力、持続力を向上するという両面から、健康とアンチエイジングの追及が大切なのです。
 生命エネルギーの向上により、身体の根本からの健康を獲得し、さらに細胞の老化を防ぐための耐久力、持久力を向上していくことは、単に身体の見栄えを良くするということではなく、それは、健康が基盤となった、本当のアンチエイジング法ともいえるでしょう。そうした意味では、他の記事にも述べましたが、ロータスダイナミック技法は、内側からの健康と美容のみならず、源からの健康と美しさを追求していくものといえます。年齢を積み重ねても、身体の根本から若さと美しさを、いつまでも持続させていくことが可能となる健康道です。---第八話に続く

積極的に気を高める

  • 2018.05.21 Monday
  • 22:08

カテゴリー「健康とアンチエイジング」第八話

 

 私がロータスダイナミック技法を確立できるまで、20年以上の研究が必要でした。これまで様々なトレーニングも試みて来ましたが、特に2013年の春に、山梨県の身延山を中心とした地域に一か月間滞在したことはとても大きな経験でした。大自然の叡智に包まれながら、早朝から瞑想し、山を長時間に渡り散策し、自然の中で身体を鍛え、精神統一には写経をしながら、毎日、無心に心身の浄化に励みました。
 山で修行するということは、とても健康的で、精神性や霊性の充実も得られるものでした。ありがたい修行をさせて頂く機縁となりお世話になった方たちや、山のお寺、現地でめぐり合う人々、そして大自然や天に対し、大きな感謝で一杯の美しい日々を過ごさせて頂いたのです。その修行生活の中で私は、人が世間で普通の生活を営みながらも、気軽に取り組むことのできる、効果的に生命エネルギーを高める方法を体系づけて、それを世の中の多くの人々のために役立てたいと願っていました。
 健康やアンチエイジングのためには、食生活に気づかい、適度な運動などの一般的なボディケアも大切なのですが、実は、呼吸力による根本の生命エネルキーの向上については、ほとんど実践されていないのです。また、たとえ生命エネルギーや気、プラーナという言葉が使われていても、イメージや理屈が先行するだけで、それが多くの人々に実質的な効果が望めるようなトレーニング法となっていなければ、健康法としての価値はありません。---第九話に続く

対極の作用から生まれる

  • 2018.05.25 Friday
  • 21:50

カテゴリー「健康とアンチエイジング」第九話

 

 自然治癒力や免疫力を高める等の情報も、世の中にたくさんありますが、それらは身体を自然体の生活に戻すことで、本来の身体能力を回復させる、という意味においては確かに重要です。しかし、生命エネルギーを本来の自然な状態に甦らせるだけでなく、積極的に身体に取り入れ高めるトレーニング法とは意味合いが異なってくるのです。
 トレーニングとは実質的な効果を目的としたものです。ロータスダイナミック技法も、身体の呼吸能力を高めることで、丹田を鍛え、生命エネルギーを実質的に向上させるためのトレーニング法なのです。やさしい呼吸法の段階から、やがて高度な呼吸法の段階へと進みながら、どなたでも確実に身体の生命エネルギーを高めていくことが出来る鍛練法となっています。
 実際に体験して頂くとわかりますが、ロータスダイナミック技法の息の仕方は様々に工夫されています。それは、緊張と緩和、苦から楽へ、瞬発性と持久性というような、対極の作用から新しい力を呼び起こす方法となっています。そうした呼吸の仕方が脳神経や感覚機能などにも作用することになります。

 というのは、この宇宙では、生命エネルギーというものは、例えば男性と女性が合一することで新しい生命が誕生するように、対極同士のものから働くようになっているからです。二元性という、対極作用による呼吸鍛練法を実習することで、確実に生命エネルギーが丹田に一層、蓄えられ、脳や神経、身体の全細胞が活性化し、体の隅々に生命エネルギーが充実して流れるようになるのです。---第十話に続く
 

癌や生活習慣病の予防

  • 2018.05.26 Saturday
  • 11:50

カテゴリー「健康とアンチエイジング」第十話

 

 ロータスダイナミック技法は、1日20分程度の時間を確保して頂いて、最低週4日の実践が効果的です。呼吸力の向上により、体の芯から生命力を高め、肉体と精神の不一致がなくなることで、宇宙や自然のリズムと調和し、本当の健康づくりと根本からのアンチエイジングを獲得していくことが可能となるでしょう。
 世の中にはいつも楽で簡単、しかも魔法のように効果があるといわれるような物がたくさんはびこっています。また、そのような物に安易に飛びついてしまう人々も残念ながら多いのが世の実情でもあります。しかし、実際のところ、本当に効果が望める確実なものには、決してインスタントなものは存在しないことがいつの時代でも真実なのです。

 ロータスダイナミック技法も、一日二日で効果が得られるものではありません。しかし、日々の習慣として実習することで、生命エネルギーが確実に向上し、健康で創造的な生活を楽しめるようになります。この呼吸鍛練法を実践したいと思われる方は、まずは、一ヶ月間は継続してみてください。人により個人差もあるため、効果を実感するまでの期間に違いがありますが、早くて一週間で身体に良い感触を掴む方もいれば、たった一度の実習でこれはとても気持ち良いぞ、と実感される方もいます。

 また、身体感覚とは不思議なもので意識せずとも、良いと思ったことには自然と身体が継続することを求めるものなのです。日課の継続に自信のない人であっても、その判断は身体の感覚に任せることにして、迷わずに、まずは、呼吸法をからだで体験してみることをお勧めします。

 これまで、身体の不調のある方や、あるいは健康維持のため興味を持たれた方に呼吸法を指導させて頂いて10年以上の年月が経過しました。難病の大腸炎、アトピー、ガン、高血圧、うつ病、その他歌手の方や芸術に携わる方の声質の向上や、創造意欲の高揚など、様々な方面に改善や効果を実感して頂いています。これまでの実証経験から、特に私はガンという病気には生命エネルギーを高めることで予防をはじめとして、改善や克服に向けることもできるのではないかと考えています。---第十一話へ続く

健康と老化防止のために

  • 2018.05.26 Saturday
  • 11:57

カテゴリー「健康とアンチエイジング」第十一話 完

 

 実際に、末期のガンを患っていた方が、この呼吸法を健康養生の一環として取り入れて頂いて、見事に克服されている例もあります。今の世の中は、突然ガンを告知される人々が増えています。ガンを始めとして様々な病気になる前の予防に、または、たとえガンと診断されてもあきらめず、ぜひご自身の健康養生の一環として、このロータスダイナミック技法を取り入れて生命力の向上に励んで頂きたいと思っています。
 また、特に現在、身体に不調のない元気な方や、若い世代の方たちにも、ぜひ健康維持や、将来の健康生活のためにも生命エネルギーを蓄えて頂きたいと思っています。そして、病気や身体に有害なものへの抵抗力を充分に備えながら、その上で、いつまでも持続する若さや美しさを保ち、創造性や意識の開花のためにもぜひこの呼吸法を活用して頂ければと思います。

 ということで、お話を戻しますが、健康やアンチエンジングのための、最初に挙げた7つの一般的な項目の他に、最も根本的に大切な事というのは、8番目として、生命のエネルギーを積極的に取り入れて高めるということです。そして、私は、そのための日課のトレーニングとして、丹田と身体の全細胞を鍛えて生命エネルギーを充実するための強力なメソッドとして、ロータスダイナミック技法という生命気鍛練のための呼吸法をご案内します。
 このあたりで、カテゴリー「健康とアンチエイジング」の連載を終わります。このお話のまとめとして、健康と老化防止に大切な8項目を挙げて終わりにしたいと思います。

健康と老化防止に大切なこと


  睡眠を適切に取る。
  食生活に気を付けて、体に良くない物を避ける。
  適度な運動や体のケアの習慣がある。
  仕事や勉強においては疲れ過ぎないようにする。
  人間関係ではストレスをためない。
  大自然に親しみ新鮮な空気を取り入れる。
  心を豊かに趣味や創造性を大切にする。
  生命エネルギーを積極的に高めて充実する。