生命気鍛錬の呼吸法と健康

  • 2018.01.01 Monday
  • 21:49

 呼吸鍛錬の呼吸法は、身体のよどんだ悪気、邪気を解放し、新鮮で健やかな力強い生命気をしっかりと体内に根付かせるという目的を持つものです。呼吸法は通常、空腹時に実習します。まずリラックスして心を無念無想の状態におくことが肝要です。心身の緊張をほぐし、静かな息の出入りを心の眼で見守れるようになれば、いよいよ、生命気を養う呼吸法の実習開始です。

 近年、腹式呼吸などの易しい技法にも様々な健康効果があるとして、医学者にも認められています。心肺機能はもとより、胃腸の働きも向上し、食欲が増進します。その他の内蔵の働きも活性が促され、消化、代謝、解毒など人体の大切な生理機能が向上します。生命気は高まり、身体の気の通り、循環が良くなり、病気や有害なものに対する免疫力や抵抗力が向上するのです。また、身体のエネルギー蓄積量は増大し、創造性や潜在的な能力の発揮にも役立ちます。
 呼吸法を実習することは、心肺機能の向上など運動能力を高めることはもちろん、身体の生命気を養うことでもあり、それは日々、呼吸法によって健康なる気を練功していることなのです。呼吸法を毎日の習慣にすれば、常に正気が身体に定着するようになり、病気の予防改善やアンチエイジングにも期待ができ、高齢になっても、認知症や寝たきりにならず、健康寿命を維持することが可能となるでしょう。

悪気を除去し、生命気を満たす。

  • 2018.01.07 Sunday
  • 21:55

 私たちの体で行われる呼吸は、自然の力で行われています。自然の力とは大宇宙の生命力です。銀河や星、太陽が輝くことや、雲が流れ、雨が降り、大地に花が咲くことが大自然の生命力で行われるように、私たちの身体も、宇宙大自然の力によって呼吸が行われており生命が育まれています。つまり、人体には、呼吸によって生命気がもたらされているわけです。このシステムを意図的に活用する方法が、呼吸鍛錬法なのです。

  何らかの原因で、身体の生命気が弱ることで病気が生じ、或いは、生命気が弱った身体の部位に外部から邪気が入り込み、病気や怪我などが生じます。また、生命気が弱ることで、注意力や判断力の低下が起きて、事故や災難を呼び込んでしまうこともあります。呼吸法は生命気を増大させることで、そのような事態を予防、回避することができるし、改善効果もあります。
  たとえ病弱の方でも、日々、呼吸法で生命気を鍛錬することで、長らく身体の中で滞り、澱んでいた負の気が除去され、次第に、新鮮な生命気が盛んに活性し始めます。まるで死相が見えるかのように元気のなかった人の顔色にも血色が増し、明らかに元気を取り戻していることが解るようになります。これは、害悪なものに対する人体の抵抗力が増し、生命力が蘇ったということであり、偉大なる自然治癒力の効果です。

心と体を調和させる、呼吸

  • 2018.01.14 Sunday
  • 22:03

 心の悩みがは体の健康に影響するし、体が病めば心も滞ってしまいます。心と体はひとつであることと、特に現代人には、その調和が重要な課題となっていることも周知の事実です。心と体、そして魂を一致させる方法としては、ヨガや太極拳も心身の緊張を解いてリラックスが深まり、健康が得られる身体技法です。仏教にも調身・調息・調心という心身の調節法があります。古来、東洋の様々な身体技法にはみな呼吸が重要となっており、独特な呼吸法を伴うことは共通の要素です。

  心と体と魂の調和のためには、呼吸を調え、気を養うことが肝要なのです。呼吸=気と考えても良いでしょう。武道には気合いがありますが、気合いも独特な呼吸ではないでしょうか。例えば柔道でも、稽古や試合の時でも気合を入れておかないと、投げられたときに充分な受身が取れず、大怪我をしてしまいます。
  医療研究の実験データを拝見しますと、普通の安静状態と、呼吸法による入静状態での心身のリラックスの度合いを数十名で比較した結果、意識的に呼吸法を行った人々は、心拍数は下がり、脳波もβ波が減少しα波が増加したといいます。また、高血圧患者の臨床時に呼吸法を適用した報告では、血圧の上昇が抑えられたということです。
  心と体はひとつであり、その調和のためには気を養うことが大切である、気は身を守ることもできる、という話でした。

身体の霊的な空間

  • 2018.02.09 Friday
  • 22:06

 大昔、人々は寿命が短かく、健康長命を願い様々な研究を試みました。やがて命のエネルギーは呼吸によってもたらされると理解しました。そして、自然の呼吸だけでなく、生命気の流れを洞察しながら呼吸法というものを創り、身体に多くの生命気を獲得しようと考えたのです。
 道家や気功法など中国の人々は、命のエネルギーは呼吸と共に丹田が関係すると洞察し、これを鍛えることが重要だと考えました。この実践思想は韓国や日本にも伝来しました。丹田とは、下腹の内側のエリアのことで、身体の霊的なパワースポットであり、魂の分所ともいわれます。

 ヨガでは、プラーナヤーマという呼吸法がありますが、インドの思想では、丹田をエネルギーのセンターとは考えませんでした。肉体の他に微細身という霊的な身体が複数あり、それら身体の統合にはチャクラの活性が伴うとしました。また、すべての身体を司るのはアートマン=魂であると考えました。

 このように丹田とチャクラは、身体の異なる霊的空間に存在しています。チャクラは微細身に属するエネルギー活性機能であり、丹田とは、魂からの直接に分所として機能しており、すべての身体の管理しているのです。

生命エネルギーが疎通する

  • 2018.02.11 Sunday
  • 22:14

 身体は呼吸をしながら、気やプラーナを取り入れているといわれます。これは空気中の生命エネルギーを、鼻や口から吸い込んでいるというよりも、呼吸そのものが宇宙生命エネルギーによって行われていることから、身体内の生命気もそれに伴って創出されていると解釈できるものです。

 ふだんの自然呼吸で生命気が生み出されるシステムは、意識的に呼吸法というものを行うことで尚一層、活性化されて、身体に高度な生命気を生み出すことが可能です。また、生命気は肉体の他、感覚、精神、意識の領域に分配されて行きます。こうした生命エネルギーの心と身体の疎通には、丹田がとても重要な役割を担っています。

 日本では古来、ハラの文化としても、丹田がすべての身体のエネルギーと関係しています。瞑想、芸術、武道、精神鍛錬、健康などすべての道の探求において、呼吸と共に丹田が重んじられることからもそれは明らかです。 

生命気の養生と精神保健

  • 2018.02.16 Friday
  • 19:49
 人生には様々な苦労がつきものです。日本のような先進国では、社会のしくみや人間関係がとても複雑であり、人々の精神は、不自然な状態となって葛藤しています。社会的なストレスによって、私たちは、自然なる感性をいつも抑圧しているのです。このようなストレス状態は、身体の様々な病気を作ってしまう原因にもなります。そこで、身体生命気を向上させるのです。生命気を養生することで、交感神経と副交感神経の協調能力を強め、体の健康と共に、心のあり方にも優れた効果をもたらします。
 一般的に、呼吸法などの訓練者は、ふだんの呼吸数が少なくなる傾向があります。これは、心肺機能が高まり、呼吸が深くなる一方、酸素の消費量は減少し、心の安定と共にエネルギーの蓄積が増すからです。日常生活において、ふだんの脳波の状態が、β波よりもα波が多くなって来ます。高められた身体生命気の流れは、ヨガ理論でいう、肉体以外の微細身、つまり、精神の領域へも充実しますので、ストレスによって麻痺している心の状態は浄化され、創造的な精神が優位となるのです。

呼吸法システム

  • 2018.02.16 Friday
  • 20:19
 呼吸法といえば、仏教の調息や、いわゆる丹田呼吸法もそうですが、腹式呼吸を基本とし、ゆっくりと吐くことを重視する方法が有名です。しかし、古来、呼吸法における息の仕方は様々です。ヨガや道家の呼吸法では、息を長く止めることを要求します。
 ブレスドージョーの呼吸法システムも、単純に深呼吸が大事というわけではありません。様々な息の仕方が組み込まれ、吐く息も、吸う息も、止める息も、振動させるような息も、その他の息の仕方もすべて意味があり、重要となります。
 ゆっくりと吐く息の反対に、生体気を高めるために、とてもゆっくりと吸い上げる息法もあります。その他、様々な息法の組み合わせと、人それぞれに合致する呼吸法サイクルのアレンジの工夫が、健康開花のための重要な秘訣となるのです。
 例えば、ある呼吸法中の、とてもゆっくりと吸い上げる息法では脳波が瞬時にθ波となります。このような時に、身体内の宇宙生命気が高まり、不調の部分に思念で気を導き癒すことなども可能となって来ます。

エネルギーを蓄積する技法

  • 2018.02.24 Saturday
  • 19:24

 スポーツトレーニングは、骨格筋への緊張や負荷が加わることで、心拍数が増大し、早くて大きな呼吸となり、交感神経が活性し、酸素消費量も増大します。運動によりエネルギーを消耗し、身体を疲労させてから、休息、回復することによって、筋力や持久力など、体力の向上を図るのです。

 一方、ヨガや太極拳など、古来、東洋の身体技法は、心の解放や瞑想状態から、深くゆったりとした呼吸と共に、骨格筋の弛緩、または少ない心拍数での伸縮等のエクササイズが行われます。これは、むしろ、交感神経系統を抑制し、身体エネルギーは消耗が阻止され、蓄えられる傾向となります。

 東洋的な身体技法は、瞑想、深い呼吸、ゆったりとした動作などが強調され、身体生命気を養生し、循環させる目的があるのです。生理的現象としては、ヨガ、気功、座禅などの修行者の呼吸数は、深く少ない傾向となり、酸素消費量も減少し、日常の脳波もα波が優位に現れるということです。

 適度なスポーツトレーニングは運動不足の解消に大切ですが、何か東洋的な身体技法も、生活の中に取り入れると良いでしょう。生命気、精力は集積され、生体エネルギーの蓄積も向上し、病気にも克てる健康が得られるし、年齢を積み重ねても、若々しい身体を維持することが可能となります。

内蔵のマッサージはできるか

  • 2018.03.14 Wednesday
  • 00:30

 気の鍛錬や、生命エネルギーを高めるなど、東洋的な身体技法の修練者には、食欲の増進や消化機能の向上を実感する人が多いです。これは身体技法にある、腹式呼吸や完全呼吸などの実習で、横隔膜やその他の呼吸筋をダイナミックに動かすことで、胸部や腹部の内側すべての内蔵機能に、効果的な刺激がもたらされるからです。

 1950年代に、東大医学部で8年間呼吸法を研究された、村木弘昌先生は、呼吸鍛錬による腹腔内部への圧力変化が、内蔵のマッサージとなり、そのため腹部の温度は上がり、血液循環は向上し、胃腸の蠕動も促進され、唾液や胃液などの分泌量も増えるとの見解を著書でも述べられています。
 例えば、はじめに病弱で、かなり痩せ気味の、まるで死相が見えていたような人でも、根気強く生命気の鍛錬を続けていくと、徐々に体質も変化していきます。やつれていた顔色には潤いが戻りはじめ、食欲や食事量も増すので、体重も増えていきます。体力もそれに伴い強化され、生きる喜び、命の喜びを実感できるようになるのです。

酸素、二酸化炭素、一酸化窒素

  • 2018.03.29 Thursday
  • 01:53

 炭酸療法は、糖尿病、創傷、骨折、リウマチなど、様々に治癒の効果があるといいます。髪や頭皮の美容、スキンケアにも良いので、リラクゼーションサロンや、美容院のメニューにも、炭酸スパがありますね。二酸化炭素が体内に浸透すると、身体は酸素不足であると勘違いし、酸素を勢いよく呼び込もうとして、細胞が著しく活性するというものです。

 古代の養生家は、科学的な知識がなくても、この原理を知っていたのです。例えば、プラーナヤーマ、胎息などの呼吸法は、息を止めて、体内の二酸化炭素を増やし、これが、大量の酸素を呼び込む結果となり、細胞の新陳代謝を活性化させ、健康と老化防止の効果を発揮します。

 息は、極限まで我慢して止め続けるだけでは効果はなく、むしろ、健康を害することになります。健康的な息止め法とは、個々人の体に適合する秒数や、呼吸サイクルの設定が大切です。上手に、様々な息の仕方がアレンジされた呼吸法が、身体を健康にするのです。優れた呼吸法では、便秘がちな人でも、実習中に腸が活性し、トイレにかけ込むこともよくあります。

 副鼻腔で、一酸化窒素が生産されることが確認されているようです。一酸化窒素は、血管拡張などの作用があります。ヨガにもありますが、特殊な鼻呼吸においては、一酸化窒素を体内に取り込むことによって、血流の改善が促されるのではないかということが、今後、解明されるかもしれません。先人の知恵は素晴しいですね。

ブレスドージョーの生命気練功

  • 2018.04.01 Sunday
  • 21:33

 ブレスドージョーの生命気練功は、独特な自己鍛錬方法です。それはインド、中国、朝鮮半島、日本など、様々な東洋的思想や技法、療法のエッセンスに通じる生命気の養生法であり、同時に、西洋的なダイエット、フィットネスが結合した、21世紀の健康法です。究極には、身体生命エネルギーの向上と共に、意識を開き、宇宙と一体となるための道です。

 入静状態から呼吸法により、宇宙から降り注ぐ生命エネルギーを意識的に呼び込むと同時に、丹田からの、地、水、火、風、空という、肉体とすべての微細身に疎通する、身体生命気をも鍛錬することで、自然治癒力や人体の潜在力を発動させ、また、運動と栄養の修養も重んじながら、体の健康、心の健康、意識の健康を享受するものです。
 生命エネルギーの流れは、まず、至高なる大宇宙の根源が存在し、その根源から宇宙レベルの意識、宇宙生命エネルギーが生じることで、すべての宇宙次元が創造されます。人間の魂も、大宇宙の源から分かたれたものであり、生命エネルギーを授かっています。魂からは丹田が生じ、空=意識、風=想念、火=精神、水=感覚・感情、地=肉体の、5つの身体には、丹田からの生命気が分配されており、それにより、私たち人間は地上で生を営むことができるのです。

潜在力の発動

  • 2018.04.04 Wednesday
  • 21:23

 生命気の向上のためには、各人に適合する正しい呼吸法の実習が肝要です。はじめに人は、健康体であるか、病弱であるか、年齢や、男女の体力差、身体能力の相違があり、身体的性質が異なるからです。すべての人が同じ方法から実施できるとは限りません。

 正しい鍛錬法を把握したら、実践に関する原則、注意事項を守り、向上心と忍耐の心を持ち、根気よく、日々継続していくことが大切です。一年、二年と長い年月に渡り、養生に集中する姿勢は、心身に健康的、瞑想的探求の磁力を生み出し、人体に眠る潜在力の発動や、自然治癒力も発揮され、自身の力で病気を治したり、健康を増進すること、精神の高揚と共に創造性の溢れる生活を実現していくことが可能となるのです。
 それは、症状を軽減するために行う対症療法ではなく、からだと心の不健康の原因に対して向き合い、生命力を養生し、根本から健康を取り戻していく、着実な道のりです。医療や美容などの外側からのケアと、栄養面あるいはデトックスなど、内側からの健康やエイジングケアが大切であるのは言うまでもありませんが、生命気の鍛錬とは内、外のみならず、それは、源からの健康と美の追求であるといえます。

宇宙と生命エネルギー

  • 2018.04.23 Monday
  • 15:27

 宇宙は多次元で構成されており、物質も生命も、多次元、多様に存在するため、それらのすべてを現在の人間の科学で把握することは、到底不可能です。宇宙の究極の根源は、グレートスピリットといいます。グレートスピリットから宇宙生命エネルギーが生じ、すべての宇宙次元と万物が創造されます。人間の魂も、大宇宙の根源から分たれて、生命エネルギーを享受しています。

 魂からは丹田が生じ、丹田は肉体やその他の微細身、すなわち五大である地、水、火、風、空の各身体を繋ぎ、生命気を各身体に分配します。また、霊とは簡単にいえば、それは微細身のことです。つまり、人は、魂と霊と肉体を持っています。

 すべての身体を統合するのは魂/丹田ですが、各身体レベルでは、生命気の活性や上昇等の必要に応じて、チャクラという機能が存在します。すべてのチャクラが機能するとは限りません。

 また、仏教で輪廻転生が説かれるように、人はたくさんの生涯を経験します。やがて、5つの身体を統括する魂は、宇宙身体へ融合することになります。さらに宇宙身体は、究極の根源であるニルヴァーナへと還っていくのです。

守意、練意

  • 2018.04.30 Monday
  • 00:13

 呼吸鍛練法は、人体の生命気を増大させる技法です。練習の初歩には、肺活力を高める呼吸法の実習がメインとなりますが、次第に、様々な息の仕方を習得することになります。浅い呼吸から、より深い呼吸へ、早い呼吸や、長くゆっくりした呼吸法の実習、そして、息止能力なども高めていきます。さらに、高度に集中した精神状態からは、身体内の呼吸気を圧縮したり、逆に拡張するなどして、生命気のパワーを高めることや、くまなく疎通させること、また、体内での生命気の移動などの訓練をします。

 生命気の養生には、意識の鍛練が伴うものです。それには守意と練意とがあります。私たちの意識は普段、雑多な想念の流れに没入しています。この状態から意識を呼び起こし、静かな息の出入りと想念を見守ります。これは気づきであり、瞑想の本質です。気づきとして息を見守る方法は、守意(安般守意)という瞑想法であり、2500年前にお釈迦様によってもたらされた偉大なる技法です。また、座禅には、息を見守ると共に、丹田に意識をおく、丹田意守という瞑想法があります。
 練意とは、思考や雑念を排除した入静状態から、呼吸気を練り、練気を身体内の元気へ合一させるなど、生命力の向上を目的とする、能動的な鍛練意識のことです。守意とは在ること、練意は為すことであり、これは、宇宙と生命の生成原理を現します。静と動、陰と陽、非存在と存在など、二元性の作用から世界が創造展開される根本法則に通じるものです。身体に躍動する生命エネルギーも、この原理から生み出されるのです。 

呼吸法はなぜ気を高めるのか

  • 2018.05.09 Wednesday
  • 22:17

 東洋の哲学において様々に呼ばれる大宇宙の根源、つまりブラフマン、太極、グレートミステリー、グレートスピリット等は、私たちのこの宇宙だけでなく、多次元にわたるすべての宇宙次元の根源です。この根源であるところから、宇宙生命エネルギーが生じ、私たちの宇宙も創造されました。現在、科学で発見されている元素はすべて粗大な物質でしかありませんが、エーテル物質、アストラル物質、メンタル物質など、地球レベルの科学では未確認である微細な物質やエネルギーが宇宙にはたくさん存在するのです。

 宇宙生命エネルギーが人体の生命気として生成されていく過程は2つあります。1つは、グレートスピリットから私たちの微細身から肉体まで、7つの身体層に直接もたらされるルート。もうひとつは、グレートスピリットから分たれた私たちの魂に、生命エネルギーが流入し、魂から丹田が生じ、丹田から生命エネルギーが肉体とすべての微細身に分配され、そして上昇していく過程の通路です。
 プラーナヤーマや気功法などの呼吸鍛練法は、人体の生命気を養生、強化する訓練です。なぜ、それが可能となるかといえば、もともと呼吸そのものが生命エネルギーの作用によって行われており、呼吸によって生命気が運ばれて生命活動が営なまれているというシステムが存在しています。古代の瞑想家、ヨーギ、気功家は、そうした宇宙生命エネルギーと身体の生命活動の関係を、自身の身体を通して洞察し、理解していました。そして、そのシステムに準拠して自然呼吸のみでなく、独特な呼吸の仕方を実践することで、生命気をより一層高めることが可能であることを発見したのです。それが古来の呼吸鍛練法というものです。

瞑想と呼吸法は、道

  • 2018.05.11 Friday
  • 21:47

 ストレスで、自律神経機能が乱れてしまう人が多いです。緊張や苛立ちが増し、免疫力も低下します。健康を回復するために、そこで、副交感神経の働きを高めてリラックスしょう、といわれます。一般的に、呼吸法では長呼短吸、息は長く吐いて、短く吸うことが良いとされます。確かに、深くゆっくりと息を吐くと、心身のリラックス効果があります。

 大事なことは、自律神経の乱れの原因を除去することですが、たとえ、深くゆっくり息を吐く呼吸法を長時間実習しても、普段、感情の抑圧されるような生活が続いたり、精神的な緊張の多い生活習慣のがそのままであれば、瞑想、呼吸法の効果も一時しのぎとなってしまいます。
 瞑想、呼吸法はフィジカル面の体調を整えることだけでなく、霊的身体である微細身のブロックを浄化することが要点となります。心の持ち方、行動iにも変化が現れ、人生が変化し、エネルギーの変容が起こるのです。身体は健康となり、心が癒され、創造性も豊かになり、気づきが深まる等、心と身体すべてが調和的に発展する、道となるのです。

動くものは命

  • 2018.05.19 Saturday
  • 21:54
 生物と物質の違いは何でしょうか。もちろん、生物には魂が存在します。しかし、根源的な宇宙観からみれば、両者は共に命であることには変わらないのではないでしょうか。少し強引な解釈かもしれませんが、太古の地球に、鉱物の時代を経て生き物が誕生した理由は、そもそも、鉱物や大気、水などの物質も生きている存在なのであり、もとなる命があってこそ、新たな命が生物という形態として生まれたということにならないでしょうか。
 生きているものはすべて運動しています。元素は運動しています。大いなる全宇宙が運動しているからこそ、すべての存在は生命なのです。身体も運動不足であれば、不調が生じ、老化が早まります。まったく動けなくなることは肉体としての死を意味します。高齢者は病気や怪我で倒れた場合、その安静状態が命取りであるといわれます。ですから日々、身体を動かすことは、命の養生なのです。
 生命気の呼吸鍛練法は、スポーツ運動のように大きな動きはありませんが、身体の内側の、神経や内蔵の運動であり、また、気を養うという、霊的身体のエネルギー運動なのです。この内功運動には、臥位、座位、立位での実習と、さらに動功があります。高齢者や病弱者は、寝ながらの姿勢でも練習が可能です。通常は、座位から訓練は始まり、座位から立位へ上達して行きます。丹田で養成される生命エネルギーは、肉体、霊体、魂へと上昇し、やがては魂は宇宙に融合していくという、大循環の運動となっています。

磁力が生まれる

  • 2018.07.10 Tuesday
  • 22:25
 生命気を練るとは意識を練り、気を練ることですが、その背景に必要な要素があります。それは信念、向上心、決心を確立して日々継続して修練する姿勢です。継続していくことで、身体の内外の空間に磁力が起こり、その生じた磁力が呼応してさらに修練が深まるように波動が高まります。日々瞑想する部屋、場所が定まれば、いつもその空間に磁力が生じ、瞑想が深まりやすい場所になるのです。三日坊主や、したりしなかったりの不安定な修練では、鍛練への一貫したエネルギーが集中せず、健康目的に向かう吸引力も生じないし、修行空間の良き波動も成り立ちません。
 呼吸法は日々、同じ時間に行うと良いです。体調は日々の時間帯により変化するため、同じ時間帯に実習すれば、呼吸法がしやすくなり、上達するために効果的です。微妙に異なる体調のもとで日々実習すると、段階の進度を確認できなくなることがあります。また、できることなら毎日実習したいのですが、社会生活の中で毎日の実習は難しいので、少なくとも週に4日は練習したいものです。
 パワーを高める呼吸法は1日に1度のみ有効です。これは、繊細な呼吸筋群を疲れさせないためであり、無理をして日に何度も実習すると疲労感が増したり、返って体調を崩してしまいます。また、静かに柔らかい心身浄化の呼吸法であれば、1日に複数回の実習が可能です。いずれの呼吸法も基本的に空腹時に実習します。食後、胃の活動時は、血流が消化器官に集中しますので、肺や横隔膜が動きにくくなり、深い息使いができなくなるからです。