呼吸鍛錬法と健康

  • 2018.01.01 Monday
  • 21:49

 呼吸鍛錬法とは、身体のよどんだ悪気、邪気を解放し、力強く清浄なる生命気をしっかりと体内に根付かせるという目的を持つものです。呼吸法は通常、空腹時に実習します。まずリラックスして、心を無念無想の状態におくことが肝要です。心身の緊張をほぐし、静かな息の出入りを心の眼で見守れるようになれば、いよいよ、生命気を養う呼吸実習の開始です。

 近年、腹式呼吸などの易しい技法にも様々な健康効果があるとして、医学者にも認められています。心肺機能はもとより、胃腸の働きも向上し、食欲が増進します。その他の内蔵の働きも活性が促され、消化、代謝、解毒など人体の大切な生理機能が向上します。生命気は高まり、身体の気の通り、循環が良くなり、病気や有害なものに対する免疫力や抵抗力が向上するのです。また、身体のエネルギー蓄積量も増大し、創造性や潜在的な能力の発揮にも役立ちます。
 呼吸法を実習することは、心肺機能の向上など、運動能力を高めることはもちろん、身体の生命気を養うことでもあり、それは日々、呼吸法によって健康なる気を練功していることなのです。呼吸法を毎日の習慣にすれば、常に正気が身体に定着するようになり、病気の予防改善やアンチエイジングにも期待ができ、高齢になっても、認知症や寝たきりにならず、健康寿命を維持することが可能となるでしょう。

悪気を除去し、生命気を満たす。

  • 2018.01.07 Sunday
  • 21:55

 私たちの体で行われる呼吸は、自然の力で行われています。自然の力とは大宇宙の生命力です。銀河や星、太陽が輝くことや、雲が流れ、雨が降り、大地に花が咲くことが大自然の生命力で行われるように、私たちの身体も、宇宙大自然の力によって呼吸が行われており生命が育まれています。つまり、人体には、呼吸によって生命気がもたらされているわけです。このシステムを意図的に活用する方法が、呼吸鍛錬法なのです。

  何らかの原因で、身体の生命気が弱ることで病気が生じ、或いは、生命気が弱った身体の部位に外部から邪気が入り込み、病気や怪我などが生じます。また、生命気が弱ることで、注意力や判断力の低下が起きて、事故や災難を呼び込んでしまうこともあります。呼吸法は生命気を増大させることで、そのような事態を予防、回避することができるし、改善効果もあります。
  たとえ病弱の方でも、日々、呼吸法で生命気を鍛錬することで、長らく身体の中で滞り、澱んでいた負の気が除去され、次第に、新鮮な生命気が盛んに活性し始めます。まるで死相が見えるかのように元気のなかった人の顔色にも血色が増し、明らかに元気を取り戻していることが解るようになります。これは、害悪なものに対する人体の抵抗力が増し、生命力が蘇ったということであり、偉大なる自然治癒力の効果です。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM