呼吸法システム

  • 2018.02.16 Friday
  • 20:19
 呼吸法といえば、仏教の調息や、いわゆる丹田呼吸法もそうですが、腹式呼吸を基本とし、ゆっくりと吐くことを重視する方法が有名です。しかし、古来、呼吸法における息の仕方は様々です。ヨガや道家の呼吸法では、息を長く止めることを要求します。
 ブレスドージョーの呼吸法システムも、単純に深呼吸が大事というわけではありません。様々な息の仕方が組み込まれ、吐く息も、吸う息も、止める息も、振動させるような息も、その他の息の仕方もすべて意味があり、重要となります。
 ゆっくりと吐く息の反対に、生体気を高めるために、とてもゆっくりと吸い上げる息法もあります。その他、様々な息法の組み合わせと、人それぞれに合致する呼吸法サイクルのアレンジの工夫が、健康開花のための重要な秘訣となるのです。
 例えば、ある呼吸法中の、とてもゆっくりと吸い上げる息法では脳波が瞬時にθ波となります。このような時に、身体内の宇宙生命気が高まり、不調の部分に思念で気を導き癒すことなども可能となって来ます。

内蔵のマッサージはできるか

  • 2018.03.14 Wednesday
  • 00:30

 気の鍛錬や、生命エネルギーを高めるなど、東洋的な身体技法の修練者には、食欲の増進や消化機能の向上を実感する人が多いです。これは身体技法にある、腹式呼吸や完全呼吸などの実習で、横隔膜やその他の呼吸筋をダイナミックに動かすことで、胸部や腹部の内側すべての内蔵機能に、効果的な刺激がもたらされるからです。

 1950年代に、東大医学部で8年間呼吸法を研究された、村木弘昌先生は、呼吸鍛錬による腹腔内部への圧力変化が、内蔵のマッサージとなり、そのため腹部の温度は上がり、血液循環は向上し、胃腸の蠕動も促進され、唾液や胃液などの分泌量も増えるとの見解を著書でも述べられています。
 例えば、はじめに病弱で、かなり痩せ気味の、まるで死相が見えていたような人でも、根気強く生命気の鍛錬を続けていくと、徐々に体質も変化していきます。やつれていた顔色には潤いが戻りはじめ、食欲や食事量も増すので、体重も増えていきます。体力もそれに伴い強化され、生きる喜び、命の喜びを実感できるようになるのです。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM